FC2ブログ

旅行=合宿☆自転車地獄の巻

☆・゜2日目゜・☆

朝起きて、体が動くことに驚く!
動けないと思っていたから。。。っていうか、動けちゃった(。-ˇェˇ-。) チッ

2日目はなんとな~く雲が切れない感じ。
朝ごはんの場所から外を見ると、雲が広がっている。

SN3C0409.jpg

まぁ、雨は降ってないから大丈夫でしょう!という訳で、朝ごはんをモリモリ食べてちょっとお腹を休めてから温泉に朝から入り、準備開始!!

本日は、まず安房峠を越えます。
猿はいるかな~(*人´ω`) とキョロキョロするが、道端にいたのはでっかい蛇。。゛(ノ>_<)ノ
怖かったけど、追いかけてこなくて良かった~。

登って下って、無事に安房峠をクリア。
そこからもう少し下って、相棒くんが左に行くと言います。
トンネル。。。
最初はなんとかなるかなぁ~なんて、安易な考えでいたけれど。。。

トンネルをいざ!進もうとすると、なんだかふらふらする(。-ˇェˇ-。)
前方を見ると、なんと!!ここは坂道ではないか!!!
坂嫌い・暗がり嫌い・大きな音が大嫌い!
な、私にとってここは地獄o(T□T)o

どうしよう(涙)後ろからバスがくるぅ(>Д<)
抜いてくれればいいのに、バスがなかなか抜いてくれない(>Д<)
後ろにぴったりとバスにつけられた私は。。。。




キンタロウーーーーーーー(>Д<)
大きな声で叫びます。


が。。叫ぶ声も、バスの音にかき消されて届かないo(T□T)o

もうやだぁーーーーーーー(>Д<)


怖くて涙がぼろぼろこぼれます。。(´;ー;`)
耐え切れなくて、自転車を降りました;:il:il|;l|;il:i(-ω-`;)ll|l|il|;:il|!
涙が止まらない(T△T)
キンタロウのバカヤロウーーーーーーo(T□T)o


ようやく気付いたキンタロウさん。
私の歩くペースに合わせて、自転車を漕いでいます。
ようやく出口。
そこには『斜度11%』の看板が( ̄□ ̄;)

ばかじゃないのっ?!
こんなところ自転車で登れるわけないじゃんかぁっ!!!
大激怒ですよっ。
もう大号泣ですよっ。
破局かっ?!って感じでしたよっ。

とりあえず、もうトンネルの坂道は絶対嫌だ!!!ということを伝え、気を取り直して出発。

ちょっと行くと、さきほどの恐怖がやわらぐような景色が*゜.;・+(´・ω・`).;*。+゜

SN3C0413.jpg

さらに進んでいくと、そこは清清しい空気が流れていて、雷鳥??みたいな鳥もいて、とっても良い感じ♪
上高地のかっぱ橋にやってきました!
初めて見たのだけど、川の水がとっても透明で山との景色もGoodでした♪
SN3C0416.jpg

平日にも関わらず人が沢山いてびっくり。
まぁ、おばあさまおじいさまでしたけど。

そこでおトイレに入った私。ヘルメット着用のまま。もちろんジャージでしょ?
おばあさまがたに「あらぁ~あなたステキねぇ~」
「どこから来たの??」
「後ろがチカチカしてるのねぇ(ライトをメットに装着してたから?)」

めちゃめちゃ褒められ、また調子に乗っちゃいました(∩∀`*)

ここでチーズとバニラのミックスソフトを食す。
SN3C0417.jpg

美味かった( ̄▽ ̄)
ここでもっと色々食べておけば良かったかなぁ。。。

上高地を後にして、さっき号泣したトンネルをくだり、さらに直進。
トンネルを何個も何個もくだります。
ものすごいスピードでくだります。
自転車が壊れるかと思った。
本当に壊れるかと思った。

で、白骨方面へ向かいます。
そう。
ここからまた登りが始まりました。
最初は『おっなんとか行けるかな??』
と、思ったのもつかの間。

ありえないほど長い、しかも斜度も結構ある坂道がずーーーーーーっと続きます。

もうひらひら走法じゃないと、登れません。
そんな私をみて相棒くん「それ意味あるの??」
分からないだろうなぁ。。。
坂道を登れる人には、このひらひら走法の意味がまったく分からないんだろうなぁ。。。

1日目にもそんなようなことを言われた私は
「人生に意味のないことなんて何も無い!!!」
と、力説してみました。

と、まぁそんなこんなでなんとか白骨温泉に到着。
もう疲れすぎてテンションがた落ち。。
相棒くんに申し訳ないくらい。。
でもここまで来てしまった以上、逆戻りはしたくないし。。っていうか出来ないo(T□T)o
トンネルを登らないといけないから(・ω・` )



そこからまた結構な斜度の登りが続く。

途中、滝のような、なんか凄く幻想的な場所に出くわすも、見て感動する余裕がない。
なんとかかんとか頑張って、ひたすら坂を登ります。
ここはどこ??
どこに向かってるの??
方向は合っているの??
不安が募ります。が、相棒くんが付いててくれているので大丈夫。

どうにか乗鞍高原に到着。
ここで時間は16時。
トイレを済ませ、水分を補充して、いざ出発!!

ここから頂上まではまったく笑い無し。
2人とも真剣です。
ちゃんと宿に帰れるのかなぁ(・ω・` )

途中お腹がすいて、力が出なくなった時、相棒くんがウィダーinゼリーをくれました。
いつもは好きじゃなくて飲まなかったウィダー。
この時は、驚くほど美味かった(*ノω<*)
ウィダーのおかげでパワーが少し出て、また頑張ります。
途中途中で、コーラも飲ませてくれました。
カロリーが高いコーラがパワーになった。

あぁー本当に、補給って大事だなぁ;:il:il|;l|;il:i(-ω-`;)ll|l|il|;:il|!
と、改めて思いながら、ひたすら登ります。

それでもやっぱり自転車をこぐ力が殆ど出ず、時速一桁の私を相棒くんは力いっぱい押してくれた。
自分も辛いだろうに。。
申し訳なくて、一生懸命踏もうとするのだけど、やっぱり力が出ない(>Д<)
相棒くん、なんて頼りになるんだ。


途中、見回り?のおじちゃんに
「ゲートが17時半で閉まるからねっ!」
「駐車場のおやじがうるさいから、絶対に駐車場の方には行くなよっ」
と、忠告を受ける。

心の中で『おやじぃ、乗っけてくれぇ』と思った。
その後も、前方から車が来ると『あっ、助けに来てくれた?!』と勘違い。

誰も助けに来てくれない(。-ˇェˇ-。)
もう時間があまり無いのに。。。



山で自転車のカップルが遭難!
自転車カップル山で行き倒れる!



という新聞の見出しが頭をよぎる。。

とにかくもう誰も助けに来てくれないのだ。
もう2人で頑張って登るしかないのだ。

必死に頂上を目指した結果、10分ほど間に合わなかったけど、ゲートの横から自転車を通してなんとか反対側に行けた。

ここで見た景色は、私たち2人だけが見ることが出来たのだ。
とても貴重な景色だったなぁ+$*(感´∀`動)*$+゜

夕焼け

長くなりましたが、無事に??お宿に帰ることができました(TへT)
帰りのくだりは、時間も遅くなってしまったということもあり、真っ暗闇でしたが(汗)
相棒くんの姿を見失わないように、しっかり集中してくだりました。

ほっヽ(T∀T*)ノ

お宿のフロントの人に「今日はどちらへ行かれたんですか(^ー^)??」
「安房峠を越えて、上高地へ行き、白骨温泉によって、乗鞍を越えてきましたTーT」

フロント「えっ( ̄□ ̄;)自転車でですか?!」
私   「はい(∩∀`*) 」
フロント「ゆっくり温泉で疲れをとってくださいね☆」

人間の体って不思議なんだよ。
お腹が空いていると、体が冷えてしまうのです。
温泉に浸かっても体がまったく温まらないのですもの。
夕飯の時間に遅れていたので、体が温まらない状態で夕飯の場所へ。

SN3C0418.jpg

2日目はぐったり;:il:il|;l|;il:i(-ω-`;)ll|l|il|;:il|!
疲れました。。
でも、綺麗な雲海を見ることができたし、美味しい飛騨の懐石料理を食べることができたので元気復活!
できたのでした♪

坂道は好きではないけれど、ちょっぴり嫌いでもなくなった。。。かな?

のんびり登る坂道は好きだな。と、思いました。




だらだらと長~い文章を読んでくださりありがとうございました。

次回『旅行=合宿☆お宿の巻』でございます(*人´ω`)
相棒くんのブログでは明かされていなかった事実が!!!(←適当)


スポンサーサイト



コメント

■ 『旅行=合宿☆お宿の巻』

それはまずくないか?
鼻血が止まらなくなったおやじ続出か・・・・

■ わははははw

う~ん。ご期待に応えられるか。。
( ・ノз・) キンタロウくん。どうしましょう。。

なんて(笑)
とってもステキなお宿をご紹介ですよ♪
キンタロウブログでは殆ど明かされていなかったのでね☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://necoanna.blog28.fc2.com/tb.php/143-c7337741

 BLOG TOP 

黒猫clock

プロフィール

ねこおんな

Author:ねこおんな
My Worldへようこそ!
「ル シャ」はフランス語で猫という意味。
猫のように気ままに。。
のんびり行こうではないか~♪

リンク

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

おみくじ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

月別アーカイブ